中国人が日本人女性を爆買い パパ活バブルがすごいと話題に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パパ活といえば日本独特の文化?だと思っていたけれど

最近パパ活パパ活と方々で耳にすることが増えてきました。

SNSを中心に盛んにおこなわれているパパ活ですが、日本独特の文化だと思ったらちょっと違うようです。

というのも、最近中国の富裕層がパパ活として若い女性を買いあさっているのです。

“爆買い”で知られる中国人の富裕層。このチャイナマネーは底知れません(笑)

家電製品をはじめ、日本製品ばかりだけではなく日本の若いハイスペック女子を月何百万で契約をし囲っている噂も。

日本人パパと中国人パパの相場について

日本の若い女性も買いあさる(?)中国人ですが、実は中国人の愛人は非常に気前が良い事でも知られているのです。

日本人の場合、パパ活の相場というのは大体決まっています。(パパ活の相場がえぐい参照)

パパ活種別 金額
お食事のみのご飯パパ 1万円~3万円+お食事代
デートパパ 2万円~3万円+プレゼントやその場のお食事代等
月極パパ 10万円~50万円

これだけ見ると、パパ活って実はすごく儲かるんじゃないの!?と思うかもしれませんが実はパパ活のメイン層は“ご飯パパ”になります。

ですので、それこそ気前の良いお金持ちを捕まえない限り月極は難しいのです。

しかも、ご飯パパの場合一か月にそれなりの人数と会わなければまとまったお金にならないのです。

中国人の愛人になると桁違い!?

既に中国人の愛人がいるという都内在住の20代女性が詳しいお話を聞かせてくれました。

夜はキャバクラで働いてて、その時知り合ったのがパパですよ。愛人だけど、愛人でもパパでも一緒でしょ?だから、パパ(笑)

もともとすぐに帰る(帰国)っていうから、まともに付き合う気はなくてそれでもお店に来るときとかアフターも相当お金使ってくれてたから帰国するまでの間愛人として一緒に行動するようになったのね。でもやっぱりセレブっていうか、1回の食事の代金もそうだけどもらえるお小遣いの桁がそもそも違うの(笑)だから、何か犯罪に巻き込まれるんじゃないかって内心バクバクでしたよ(笑)

この男性が帰国するまで定期的に会って、食事して、時にはエッチもして。帰国するまでの二か月間でキャバクラで1年間分の稼ぎをゲットできたそうです。

月極パパでもこんなにたくさんもらえる事は滅多にないので、やっぱり中国人の富裕層は何でも桁違いなのですね!

待ち合わせ場所に行って、ご飯食べて帰る日もありますが、翌日私がオフだったりすると泊まりで過ごす事もありますね。基本的には1~2時間くらい。その場で30万とかポーンってくれます(笑)

まさにパパ活バブル!!という感じです。

本気の中国人パパの愛人になると、待遇も違う

この前、パパがまた日本に着て。その時、ちょっと中国で遊ばない?と誘ってくれたので一緒に中国へ行ったんですよね。もうその頃には仲良くなっているので、軽く旅行気分でした。パパは流暢に日本語を話すのでコミュニケーションも取りやすいし、なんか通訳してくれるし。あの旅行は楽しかったなー。

その場でかかった費用は?という質問に対して

往復の交通費から、宿泊費、なんならその場で買った物など全てパパ持ちですよ。

あと、パパ仕事が忙しくなってきたから日本へは私ひとりで帰国したのですが、それでもお土産たくさんもらったしまたすぐ日本へ行くよっていうことだったから安心して帰国できたよね~

本気の愛人になると、自国へ連れていこうとするパパは意外と多いようです。それがアメリカ人だろうが中国人であろうが。

一緒に旅行という感覚なのかわかりませんが、やはり危険な事も多いのでその際は慎重になる必要があります。

もうキャバクラには戻れない

仕事は・・・一応出勤しているけど、それも元々週6日出勤してたのが1日とか2日とか、ヘルプ入った日しか出勤しない月もありました。

だって、もう中国人パパと知り合っちゃたらまともに仕事するのもばかばかしいでしょ?キャバクラって、皆さんが思っている以上に稼げないし。ちょっと綺麗な女版ドカタって感じ・・・。夜は遅いし、朝は場合によっては早い事もあるし。営業は欠かせないし、かといってお給料がすごく高いわけでもない。大変なのよー。正直なところ、もう戻れないよ。

実は、このパパ活をキッカケに本職を辞めてしまうという女性はこの女性に限らず意外と多いようです。というのも、夜の仕事をしている女性はそれが顕著。

結婚するわけではないし、それなりに生活出来るくらいの収入を得られるなら断然パパ活♪という女性は多いようです。

中国人パパから頂いた“お気持ち”って何に使ってる?

私の場合、生活費から旅行、あとはプチ整形をしたりしています。貯金もしているけど、どうせあぶく銭だしって事で今は結構派手に使っちゃってます(笑)ダメですよね(笑)だけど、キャバクラ時代からずっとそうだったんですけど男性ってやっぱりいくつになっても綺麗な女性が好きですよ。今のパパにはそれなりに貰っているし、だったら私も応えなくちゃ!と思っていつも綺麗にするようにしています。

愛人からもらったお金を散財する女性もいれば、しっかり貯蓄をするという人も。入ってくる金額が増えると“やってみたかった事”が増えたり、実際にかなえたりできますね。

大金バラ撒いて愛人を囲っているのは、なにも中国人富裕層だけではない

今回は主に中国人富裕層のお話になりましたが、実は愛人を囲っている男性は富裕層だけではありません。平均的な年収の男性でもパパ活にどっぷりハマっている男性は多いのです。(孤独に耐え切れずパパ活する男性参照)

パパ活をしている女性は、知らなくても良い世界を知ってしまった事になりますよね。

パパ活をしている多くの女性は未婚なのですが、「将来、結婚した時に自分の旦那さんもこうやって若い女の子をお金で買ったりするのかな」と不安になる女性もいるのです。

パパ活をしている以上、相手が既婚であろうが未婚であろうが関係ないのですがそれでもやっぱり結婚を夢見る女性にとっては知らなくても良い世界だったのでは?という気がします。

パパ活はパパ活という性質上、相手と成就することはあり得ないのですがそれでも本気になってしまう事も。

パパ活をしている女性で将来結婚相手が不安!という場合は、しっかりと男性を見極める必要がありそうです。

中国人が爆買い パパ活バブルがすごいと話題に まとめ

中国人富裕層は日本製品だけではなく、若くて綺麗な女性も買いあさっているというお話でした。買いあさる、というと響きは悪いのですが、パパ活というのはそういうものなのです。

パパ活を始めた女性の多くは「自分だけじゃ絶対に出来ない事が出来るようになった」「人生経験が豊富になっていく気がする」と割とポジティブな意見を持っている女性が多いようです。

ですが、パパ活というのはいつまでも続けられるものではない事と相手とは成就することは無いということを念頭に始める必要があります。

必ずタイムリミット的なものは訪れますし、相手もパパ活と割り切って一緒にいるため本気になることはありません。

いつか必ず終わりが来るのもこのパパ活の特徴です。

パパに頼りっきりでは今後生活が出来なくなってしまうかも。また、上げるに上げた生活水準というのは落とす時が大変なのです。上げるのは簡単なのに!

以上を踏まえて、無理をしない程度にパパ活を始めてみるのも良さそうです。

因みに、中国人富裕層というのは早々多く居ません!出会う場所にもよりますが、中には危ない人もいるので無理をせずパパ活をしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加